とっさに気の利いたこと言えれば苦労はしていない

urame

頑張っているのにモテない男の9割がやっていること

本人としてはモテる為に頑張っているつもりでも、勘違いが災いして完全に逆効果になってしまっていることはよくあります。

楽天WOMANさんで「頑張っているのにモテない男の9割がやっていること」という記事が掲載されていましたのでご紹介します。

男の90%がやってしまっていること。それは「自分勝手な思い込み」あっさり、ばっさりと書くと切ないけれども、やっぱりズレている人がモテない。
逆に言えば思い込みをやめて、とっさのひとことをちょっと変えるだけでモテる。   引用:楽天WOMAN

引用先のコラムを読んでいただけると、ちょっとタイトルと意味が変わってきてないか?と疑問を感じますが、教訓になることも多いので取り上げてみました。


とっさの機転が出来れば苦労しない

ズレてしまった発言も、とっさに気の聴いた言葉に替えれば・・・とか無茶言ってますね。
それができるんならやってますよね。今更何を言ってるんしょうか、この方は。
しかしですね、これはそんなに「咄嗟」じゃなくて準備できることだと思うのです。

タイミングを失うことは結構ある

 
コラムのように誕生日プレゼントを渡し損ねるだけじゃなく、彼女に何かを伝えるタイミングを逸することは結構あると思うんですよ。

  • 緊張して言葉が出てこなかった。
  • つい噛んでしまった。
  • もっといいタイミングが来るかと思って待ってしまった。
  • 話題を変えられた・話を逸らされてしまった。

咄嗟のアドリブは難易度高い

恋愛経験値が高い人や、トークスキルが高い人は問題ありませんが、会話が苦手な人に咄嗟のアドリブはハードルが高すぎます。
つい「良い事言おう」と力が入ってしまいます。

まずは咄嗟の対応ではなく、準備で補いましょう。
アドリブではなく、台本を練るイメージでもいいです。
要は女性が喜ぶフレーズの引き出しが少ないことが問題な訳です。


会話の引き出しを多く持つ方法

結論を言えば経験値を上げることだと思います。
場数を踏んで、いろんなパターンを自分の中に持てれば、あとは台詞の選び方です。
ちょっと例えがズレますが、英会話のパターンを覚えるのに近いですね。
 

手っ取り早く、気の効いた言い回しを身に付けるなら、女性に受けの良い言い方のコツを学ぶのが良いです。
当研究所では【会話系教材】として「人に好かれる会話術」をオススメします。




今日の結論

上手いこと言おうとするより、彼女が喜ぶことを言うべき。





この記事が参考になった方↓投票お願いします↓
にほんブログ村 恋愛ブログ モテ男へ   



サブコンテンツ

このページの先頭へ