ウィンザー効果を狙った恋愛テクニック

uwasabanasi
自分の想いを直接伝える前に、ちょっと噂話をしておくだけで格段に告白性効率が上がる方法があります。

そもそも誰かの噂話と言うのは必ず相手に伝わるのですが、それを逆手に取った恋愛テクニックをご紹介します。



口コミ効果の1つでもある“ウィンザー効果”を恋愛で使う

「ウィンザー効果」とは、第三者を介して伝わった情報や噂話のほうが、直接本人に伝えるよりも影響力がある心理効果のことです。スパイ小説の台詞(ウィンザー婦人の「第三者の褒め言葉はどんなときでも効果があるのよ」)に由来しているといわれています。
マーケティングにおいても口コミ効果の1つとして大いに注目されていますが、恋愛においても効果を発揮するテクニックです。

口コミの影響力の強さはいまさら説明の必要がないかもしれませんね。
インターネットの世界でも「食べログ」「価格.com」「アットコスメ」など口コミ・レビュー方のサイトは人気です。
商品購入の前には必ずといっていいほど口コミをチェックするのではないでしょうか。
このサイトも恋愛商材をレビューすることで、恋愛商材の良し悪しを皆さんに伝えていくことを目的にしていますしね。
この口コミ効果を意図的に狙う方法をご紹介します。


恋愛におけるウィンザー効果の使い方

告白しようと思っている女性や、意中の女性に噂が伝わるようにすることです。
具体的に説明しますね。その意中の女性をAさんとします。
その女性に近い人に「Aさんって細かな気配りができて素敵だね」「彼女はすごく良い笑顔するよね。ああいう笑顔が素敵な子は好きだな」というように、自分がAさんを気に入っている話をするのです。
間接的に伝わる情報は非常に好意的に受け止められます。

抽象的な言い方ではなく、できるだけ具体的なことを言うのがポイントです。「優しいよね」より「疲れていたり落ち込んでいる時などに、さりげなく優しいよね」などです。あ、キモがられない程度にね!



噂話が上手く伝わると…ウィンザー効果で彼女はドキドキ

「○○さんって、あなたのこと好きみたいだよ」と伝わることで彼女はドキドキするでしょう。
実はこれ『想像するから』なんです。

あなたが好意を寄せていると知ったAさんは『みんながそのことを知っている(モテている)』と想像し、ドキドキします。
さらに、情報源であるあなたに対してもいろいろと想像し、あなたへの関心が高まるのです。
まずは話しかけて仲良くなるもよし、告白するもよし。
Aさんがあなたに関心を寄せているとうのは成功確率をあげてくれますよ。



今日の結論

誰もが経験している効果だが、恋愛で使っている人はまだまだ少ない。使えるものは何でも使おう!!




サブコンテンツ

このページの先頭へ