ガードが固い女の特徴と口説く方法

ガードが堅い女の特徴と口説き方

ガードが固い女の特徴

「女性をデートに誘ってもOKがもらえない」「なかなか口説けない」
いわゆるガードの堅い女性にはどんな特徴があるのでしょうか。
また、そんなガードの堅い女性を口説くにはどういった方法があるのでしょうか。
(今回はちょっとだけ口調的も悪い“黒い教授”です)
 
ガードが堅い女には3つのタイプがあります。
それぞれのタイプ別の性格を考慮した攻略が必要です。

  • ①プライドが高い女性
  • ②自己評価が低い女性
  • ③軽い女と思われたくない女性


ガードが堅い「①プライドが高い女性」の特徴と口説き方

高学歴であったり、自分を可愛いと自覚している女性です。
女としての自分の商品価値を知っているので、自分に見合うと男として相手に求める要求も高くなります。
勘違いしているだけの女も多いですけどね。 

プライドが高い=ツンツンしているイメージがありますが、天然を装う女も非常に多いので注意が必要です。むしろタチが悪いですね。
恋愛対象にならない(レベル的に不満足)の時は「私にはもったいない」などと訳の分からないことを言って自分に非難が来ることを回避します。
何言ってんでしょうかね、この手の女は。

なかなか強敵です。まずはあなたの価値を感じさせる必要があります。
現時点で口説けていないのであれば、自身の魅力(仕事力・外見など)をアップさせながら、希少性の演出も必要です。
彼女を狙うライバルも強敵ですから、じっくり腰を据えて長期戦で口説きましょう。くれぐれも自慢にならないように注意してください。

【関連記事】
 >>女性から見て嫌われる「自慢がウザイ男ランキング」
 >>「いい人どまりで終わる男」をやめる方法


ガードが堅い「②自己評価が低い女性」の特徴と口説き方

①のプライドが高い女性の魔逆です。
過去のトラウマなのか、モテなかった経験則からなのか自分に自信の無い女性です。
口癖は「どうせ私なんか」・・・う~ん、うざったいですね。
この手のタイプには何を言っても悲観的に捕らえたり、何かと言うとネガティブだったりとメンドクサイ女も多いので根気と忍耐が必要です。
 
「え~私なんて~」と謙遜と言うか、ぶりっ子キャラはまた別です。
彼女達は「ぶりっ子キャラ」が男性にウケることを計算してやってますから、口説く場合にもあえてその手に乗るなど方法があります。

自分に自信がないからこそ「認められたい」という思いが強いです。
褒められたり認められると「私のことを理解してくれる」と好感を持ちます。
褒める際には他の人と同じではなく、良く見ていると分かることをさりげなく褒めると好感度があがりますよ。



ガードが堅い「③軽いと思われたくない女性」の特徴と口説き方

真面目な女性に多いのが「軽いと思われたくない」タイプ。
関心がないわけではないのですが、あまり簡単について行ってはいけないと自戒します。①②と比べると、比較的口説きやすいといえます。
このタイプの女性は男性がちゃんと手順というか、段階を踏んでアプローチしてあげることが大切です。

いきなり「二人で飲みに行こう」では警戒されてしまいます。
まずは低いハードル(例えば数人でのランチ)からYesと言わせる事です。
焦らず、徐々に盛り上がっていく恋愛を愉しんでください。

【関連記事】
 >>初デートの行き先どこがいい?
 >>一目惚れした女性への声のかけ方



今日の結論

自分の都合を押し付けるのではなく、相手に合わせたアプローチを。




↓この記事が参考になった方↓クリックお願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ モテ男へ   




サブコンテンツ

このページの先頭へ