初デートでの食事の誘い方と注意点

初デートで食事に誘う

初デートは食事に誘うのがいい

以前女の子に「初デートで行くならどこがいい?」と5択で聞いた時には、
圧倒的に食事に誘うのがいいという回答を得ました。
 
女の子達からの支持された理由は以前まとめましたので、まだ読んでない方は関連記事ページを参考にしてください。
今日は書ききれなかった「初デートの誘い方と注意点」についてです。

【関連記事】
>>女性陣に聞いた初デートの行き先どこがいい? 問題編 解答編


誘いやすいことは重要ですよ

初デートとなれば、どう誘うか緊張しますよね。
今までの関係性や新密度にもよるのでしょうが、一種の勝負と言うか、反応が出るわけですからね。

  • 断られたらどうしよう。
  • まずは仲良くなるために、自然に誘いたい。
  • 皆と一緒じゃなく、二人っきりで出かけたい。

しかし、びびってるばかりじゃ何も始まりません。
当たって砕けちゃいけませんが、行動がなければ結果は付いてきません。

初デートに誘う時は告白とかではなく、「まずは自分を知ってもらいたい」「仲良くなりたいと思っている」段階だと思います。この段階ではとにかく会う回数を増やすこと二人での時間を作ることが大切です。

二人で出かけるとなれば、誘われる側にも緊張感があるものです。
誘われる側に警戒させないことも初デートを取り付けるには大事なんです。
楽しんで会話して、関心を示したところでタイミング、自然に誘う・・・ってのが理想ですよね。


自然な流れでデートに誘う方法

女性に警戒されずに初デートに誘うには「行きたい」と思わせる事です。
会話の中で相手の興味を引き、関心が高まったところで、自然に誘うのが一番です。

この時のポイントは、相手の温度(テンション)を上げる事です。
いきなり誘いの言葉をかけるのではなく、相手の気分も盛り上げてから誘うことで一気に成功率が上がります。
「誘いやすさ」ばかりでなく「誘われやすさ」を考えると言うことですね。

女性がテンションを上げ、思わず「行きたい」となる誘いといえば・・・美味しいもの以外にないでしょう(結論)


参考事例①
(場所がらみの話をしていて)恵比寿って言えばこの間めっちゃ美味いイタリアン見つけてさ。パスタが絶品なの。ちょっとあのボンゴレは他とは違うよ。ワインも料理に合うのをチョイスしてくれてね。

「私ボンゴレ好きー。え~行ってみた~い。」

じゃ今後一緒に食べに行こうよ。


自分で書いていてなんですが、こんな感じで軽くでいいんです。
大事なのはちゃんと彼女の関心を引いて、具体的な情報を出してイメージさせて、
「行ってみたい」と思わせたタイミングで誘うことですよ。


初デートで食事に誘うときの注意事項

初デートは「楽しい」「美味しい」を目指しましょう。
あなたと二人で出かけ、楽しい経験をしたと言う積み重ねが何よりも重要です。
彼女に不快な思いをさせ、デートを失敗しない為にも注意事項に気をつけてください。

注意①高すぎず、気合を入れすぎず

初デートでいきなり高価なレストランに連れて行くのは控えましょう。
初デートだ!と気合を入れるのは結構ですが、まだ仲良くなっていない段階では逆に引かれてしまいます。あなたが好きになった女性は、決して高級な料理ばかりが目当てな訳ではないはずです。
関係性によっては、まずはランチから誘うほうがいい場合も多いですよ。

女性の中には正式にお付き合いする前はワリカンという考え方の人もいますし、奢られるのがイヤだと言う場合もあります。
「お金は俺が出すからいいでしょ」というのは、相手のことを思いやらない独りよがりじゃないでしょうか。


注意②本当においしいこと

これ大事。本当に大事。
初デートに誘うことが目的ではなく、楽しい時間を過ごすことが目的のはずです。
上にも書きましたが、会う回数を増やし、あなたとの時間を楽しいと感じさせることが大切です。

まず最初のデートで失敗しないためには「嘘がないこと」です。
「美味しい」で誘っているわけですから、当然期待します。
実際に美味しければ食事中はその話題で進みますし、次も誘いやすくなるはずです。

もし誘うときに「方便」で美味しいところがあると言ってしまった場合・・・必死で美味しいところ探してください。

【関連記事】
>>初デートの下見に行くべき3つのメリット
>>デートの下見に行くときに確認するべき3つのチェックポイント


今日の結論

女の子への「美味しいもの」は効果絶大!!




↓この記事が参考になった方↓クリックお願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ モテ男へ   




サブコンテンツ

このページの先頭へ