聞き上手はモテる|聞き上手といわれる相談ののり方

恋愛相談にのる

聞き上手になりモテる為には相談にのること

聞き上手になると女性にモテると言うのは紛れもない事実です。
聞き上手になれば相談されることが多くなりますが、恋愛相談をしているうちに・・・ってのは良く聞くパターンだと思います。事実多いですからね。
 
では、どうやって相談にのればいいのかいいのでしょうか。
女性と男性が相談に求めているものの違いをしっかり理解して実践することで、
聞き上手・相談されやすい男性になれます。


男がやってしまう相談の勘違い

恋愛相談だけでなく、職場の人間関係や友人のことなどを相談された際に、男性は解決策を探します。常に問題解決の方法を提案しなくてはならないと考えているからです。
 
好きな女性、モテたいと思う女性の前なら頼りになるところを見せたくて、余計にアドバイスにも力が入りますね。
「こうすべきだ!」と熱弁をふるうこともあるのではないでしょうか。

残念ながら女性はそんなことこれっぽっちも求めてないんですけどね。
なぜなら女性は解決法をアドバイスして欲しいわけではないからです。


女性が求めているものは話を聞いてもらうこと

男性は「解決」を考えると書きましたが、女性は事態を受け入れようとします。
受け入れることでストレスがあり、発散するために聞いて欲しいと思っているのです。

ここで大事なのは聞いて欲しいだけであって、アドバイスが欲しいわけではないのです。男性が一生懸命、親身になって考えたアドバイスは、むしろ上から目線を感じてしまうことさえあります。

なんてめんどくさいんでしょうか
男女の考え方の違いをまず理解することが大切ですね。


聞き上手・相談相手になるには「共感」すること

女性が「聞いて欲しいだけ」といっても本当に聞いているだけでは聞き上手・良き相談相手にはなれません。
大切なのは女性に共感することです。

アドバイスは要らないんです。
共感して欲しいだけなのです。
気持ちを寄り添い、認めてあげることが大切です。

女性同士の会話で「わかる~」という相槌を聞いたことありませんか?
あれです。
男性からすると「話聞いてないだろ」と突っ込みたくなる、あの相槌の感覚です。

 
【共感を表すのに便利で有効な言葉】

  • そうかぁ。大変だったね。
  • 辛いね、その気持ち分かるよ。
  • ○○ちゃんは頑張りすぎだよ。無理はしないでね。
  • すごいなぁ、優しいんだね。


さらにここまでやれば完璧

参考例を出しましたが、いい加減な聞き方は絶対にしてはいけません。
真剣に話を聞き、共感して彼女の気を少しでも楽にしてあげてください。

実は相談の評判は広がります。
「相談にのってもらった」「相談しやすかった」「彼に相談するといいよ」こんな感じで女性同士でも話題になります。
好みじゃない女性の相談にもしっかりのりましょうね。

相談を受けたら、数日たったら必ず声をかけてください。
「どう?元気でた?」「あれどうなった?」
ちゃんと気にかけていることを伝えることで、あなたの評価は確実に上がります。

 
あなたが真面目で、親権に彼女のことを考える人であるほど、何とかしたいとアドバイスしてしまうかもしれません。
しかし、それは自分に酔いたいだけの自己満足であると理解してください。



彼氏がいる女性を奪うためのノウハウ

【略奪愛の成功法則-彼氏がいる女をゲットする方法】
略奪愛の成功法則
彼氏がいても諦めないガッツのある男性へ!
まずは彼女と親しくなり、
次に彼女の相談相手(彼氏の愚痴を聞く)になること
きっと参考になる【略奪愛の成功法則-彼氏がいる女をゲットする方法】のレビューはこちら




今日の結論

彼女が何を求めているかが大事だよね。




この記事が参考になった方↓投票お願いします↓
にほんブログ村 恋愛ブログ モテ男へ   



サブコンテンツ

このページの先頭へ