運命の人になる方法【女性が運命の相手と感じる出会い】

運命の人との出会い

女性は「運命」に弱い

「彼はきっと運命の人なの」「これは運命の出会いかもしれない」
男性からすれば、またかよと思うほど女性は運命と言う言葉が好きです。

ドラマや映画、漫画など女性向けのフィクション作品には必ず運命の出会いを示唆する演出が含まれていることからも分かるように、巡り合う定めというロマンチックな設定に酔うのが好きです。

これを逃さない手はありません。
自分を運命の人と演出するのは立派な恋愛テクニックだと思いますよ。


女性は何で「運命」と感じるのか?

女性が「この人、運命の人!」と感じるのパターンの1つは何度も偶然出会ってしまうケースだと思います。
しかし、漫画じゃあるまいし曲がり角でぶつかったり、口喧嘩した子が転校生だったり、まして隣に引っ越してきたりすることはありません。
偶然を装って会おうと跡なんてつけたら、それこそストーカーですからやめましょう。

実際に運命の人だと感じさせることが出来るのは共感です。
話をしていて自分と共通点を多く感じたときです。


運命の人になる方法

運命の人になるには、共通点の多さをアピールすることです。
彼女に話を合わせてもいいですし、会話をしていくうちに見つけた共通点を掘り下げてアピールしていく方法でもいいでしょう。
特に価値観感性をあわせていくといいですね。

話をあわせるのはいいですが、自分から「運命なんじゃない」とか言ってはいけません。あくまで女性に運命と感じさせるものです。

  • 好きな作家、作品が同じ。
  • 好きな映画ジャンル、作品、シーン。
  • 出身地、住んでいるところが近隣、地域ネタ。
  • 感動、泣き所。
  • 大切に思うこと、重要視するが同じ。

二人でゆっくり話が出来る環境でするのがいいですね。
コンパでもいいですが、女性も相手も探しに来ている婚活やお見合いパーティーなどで使うのがおすすめです。
>>お見合いパーティー徹底攻略9+1ステップのレビューはこちら



今日の結論

女性の求めるロマンチックは自分に都合のよい状況のことだったりします。





この記事が参考になった方↓投票お願いします↓
にほんブログ村 恋愛ブログ モテ男へ   



サブコンテンツ

このページの先頭へ