女性が求める「女性にとってやさしい男」になる

女性がよろこぶやさしさ

女性が求める「女性にとってやさしい男」とは?

女性は「やさしい人が好き」というが、やさしいだけの人は「いい人」と呼ばれてしまい、モテるわけではありません。
この辺は前回(モテる為にやさしい男になる)ご説明しました。
今回はその具体例をご説明しますね。

モテるためには女性が求める「女性にとってやさしい男」になる事が大事ですが、その為には女性が喜ぶやさしさを知ることです。

女性が喜ぶやさしさは以下の4つです。

  • ①女性の微妙な変化にも気づく
  • ②女性に共感する
  • ③女性には選択肢を提供する
  • ④女性の行動を先回りする



①女性の微妙な変化にも気づく

よく言われる話ですが、女性の変化に気づくことです。
髪型はもちろん、メイク、マニキュア、バック、服のセンスなどです。

そうは言ってもなかなか男性は変化に気づきにくいし、無理に変化を見つけようとして「変えてないけど」なんていわれては元も子もありません。

週明け・長期休暇明けは女性も変化させている場合があるので見つけやすいでしょう。万が一外れても数日の間隔が空いているので「そう?気のせいか」で済ませられます。

また、いつも会っている時と違う場合(会社の同僚と休日に会うなど)は、女性は普段とは変えてくるケースが多いので、見つけやすいですね。

ここで重要なのは褒めるチャンスということです。変化に気づくことで自然と女性を褒めるトークにつながります。




②女性に共感する

前回も少し説明しましたが、女性は誰かに相談と称して話をする場合、アドバイスが欲しい訳ではありません。
男性は女性に相談されるとついついいいところを見せようと張り切って、的確で問題解決に繋がる具体的アドバイスをしようと意気込みますが、女性はそんなことは求めていないんです。

ここで必要なのは女性への共感です。
女性同士の会話を思い出してください。「わかる~」といってますよね。これです。
この「わかる~」は「気持ちわかる」ですから共感なんです。

具体的には女性との会話時には「わかるよ」「そうだね」を使いましょう。反論や自分の意見はいりません。
ちなみに「つらいね」もありです。女性は自分が悲劇の主人公になれるような経験をよく話しますから。

女性は共感してくれる=自分をわかってくれると感じます。




③女性には選択肢を提供する

何かを決める時に女性の意見を聞くのも大事ですが、肝心なのは選択肢を用意することです。
例えばデート中に食事をするとします。
「何が食べたい?」は論外。
「ここにしよう」とあなたが決めるより「この近くにある美味しいオムライスとパスタどっちがいい?」が正解です。

当然ですが、女性が選びそうな選択肢を用意します。
選びやすくした上で、選ぶのは女性にすることで、やさしいという評価になります。

相手の女性がまだ迷うようなら「~でいい?」という聞き方をして、一緒に決めることです。




④女性の行動を先回りする

この4つ目は女性があなたと過ごす時間を快適に過ごさせることです。
ドアを開けてあげたり、トイレを気遣ってあげたり、疲れないように休みを入れたり。

これを実現する方法の1つがデートの下見です。
当ブログでは何度か下見の重要性をお伝えしていますので、過去の記事を参考にしてください。

先回りしてくれるから、女性はあなたとの時間が快適になり、楽しいと感じます。




まとめと参考教材

教授以上、女性が求める「女性にとってやさしい男」になる具体例を挙げてみました。
端的に言えば女性の扱いが上手いとはこういうことです。

このあたりは城咲仁のモテる男養成講座『今からモテにいくぞ!』が参考になると思います。



今日の結論

モテる努力とはこういうことさ




↓この記事が参考になった方↓クリックお願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ モテ男へ   




サブコンテンツ

このページの先頭へ